カラコンどころか普通のコンタクトも入れたことのない私

コンタクトを使用することなど今までで一度も考えた事がございませんでした。

決して目が良すぎるからではございません。

目の中にコンタクトを入れることにとても抵抗があったからでございます。

視力が悪いと言っても0.3~0.5くらいのものでそれ以上悪くならないのでそのままなのでございます。

視力が0.03~0.05くらいしかなかったらコンタクトを使用することを考えたでしょう。

ですからカラコンを使用するなんて考えもしませんでした。

しかしお洒落のためには冒険することが必要なのです。

コンタクトを使用するに当たってまずコンタクトの種類はハードコンタクトとソフトコンタクトというものがございます。

ハードコンタクトはその名の通り固いプラスチック製の水分を含まないレンズのことを言います。

ハードコンタクトは酸素を補給できますので長時間使用する人に向いているようでございます。

また乱視を矯正することにも優れております。

ソフトコンタクトレンズは水分を含んだとても柔らかいプラスチックでできたレンズでございます。

激しいスポーツをやる方や使い捨てはすべてソフトコンタクトになります。

カラコンもソフトでございます。

コンタクト・カラコンについて結構沢山調べたので装着の不安は少しおさまってきたように思います。

ただわからないのはワンディのみの使い捨てコンタクトでございます。

使い捨て出来るような素材で作られているのでしょうがどんなものなのかピンときません。

カラコンを使い捨てなんてもったいなくないのでしょうか。

コンタクトを使用してことがない私はこのような発言をしてしまいます。

しかしもったいないと思っているのは私だけではなさそうでございます。

やっぱりもったいなくてつい1日以上装着してしまう人はいるようでございます。

その時何でもなくても後になって目の病気になったなんてことになったら大変です。

後悔しようにも過去すぎてあの時コンタクトの使用期限を守らなかったからということを忘れてしまって思い出せなかったりするのです。

1日用のものはそれなりに作られておりますので使用期限は守って使用した方が良いと思います。

目に傷がついて失明なんてことになったら大事でございますから。

Comments are closed.