カラコンを一度は使ってみよう

カラコンというものを使用してみたいとは思っておりますが、目に傷がついたらどうしようとかずれた時上手く対処できるかとか片方失くした時はどうすればよいのだろうとか、色々と考えてしまいます。

その結果カラコンを入れようが入れまいが大した問題ではない、入れたかったら入れればいいし、入れたくなければ裸眼でもいいのではないかと思ってしまいます。

でももし一度でもカラコンを入れてみたらすごく可愛くなってしまったら、また入れてみたいって思いますね、きっと。

あまり他の人間の目を気にしたことはないのですが、機会があれば瞳の色をチェックしてみようかと思います。

案外多くの人がカラコン愛用者であるかもしれません。

私の場合は勇気をもって一度は体験してみないといけませんね。

私のような初心者のために何を用意したらよいのか全く無でございますので紹介いたします。

まず洗浄液です。

コンタクトというものはとてもデリケートに作られておりますから、もし洗浄を怠ると目の病気にかかってしまうかもしれませんのでしっかりと洗浄しましょう。

保存ケースも用意した方が絶対に良いです。

洗浄液とセットになっていることもございます。

カラコンの知識として知っておくべきことをこれから述べたいと思います。

そしてぜひとも使用してみましょう。

コンタクトレンズには度数のほかベースカップというレンズのカーブを表す数値がございます。

カラコンの場合は少々この数値が合わなくても大丈夫なのですが稀に数値が合わないために目が痛くなったりレンズが合わずにずれてしまったりしますので、眼科医にこのベースカップを測ってもらい知っておくとよいでしょう。

カラコンはソフトコンタクトでございますが、目の状態によってはソフトコンタクトを付けられない人もおりますので必ず度なしであっても眼科医に確認してもらうのが良いでしょう。

特にアレルギー体質の人やドライアイの人もしっかり眼科医に診てもらいましょう。

また装着前は必ず石鹸で洗いましょう。

カラコンはお化粧前に装着した方が良いでしょう。

なぜならレンズにお化粧がつくと雑菌が繁殖してしまったり曇ったりの原因となります。

そしてコンタクトには寿命がございます。

大抵のものは半年~一年くらいになります。

絶対にそれ以上は使用しない方が良いと思います。

使用方法を知ってコンタクトをぜひとも使用してみましょう。

Comments are closed.